【HSPのための癒しの処方箋】怒り、恐れ、孤独を感じた時

星和書店の「ラディカル・セルフ・コンパッション -つらい人生を心癒やされる幸せな人生に変化させるために〜タラ博士著」を参考に、HSPのためのセルフヒーリングとして活用できる内容を紹介します。

怒りの感情、失敗への恐れ、自責、孤独を感じた時の対処

私たちは、怒りの感情や 失敗への恐れ、自分を責めてしまうこと、孤独を感じることがあります。

しかし、このような感情を癒すための薬があります。

その薬の成分は、「思いやり、慈悲、許し」です。

「お願いただから、やさしくして」と自分自身に言ってみてください。

そうすることで、「今ここにいる」を実感できるようになり、自分に正直に生きていくスタート地点に立てるようになるかもしれません。

まずは自分自身を、その次に相手を、そして世界を愛する勇気を持ちましょう。

全部つながっているのです。

HSPを解放する2つの美しい大きな翼とは

2つの美しい大きな翼とは、「マインドフルネス」と「コンパッション」です。

この2つの翼を左右に美しく広げられた時、初めて空を自由に飛び始めることができるようになるでしょう。

RAINが癒しと自由をみつける秘訣

RAINにより、癒しと自由を見つけることができるようになるかもしれません。

自分の内面にある恥ずかしいという感情や恐怖の感情と向き合って、自分の中になる潜在的な強さを見つけて育てるために以下のステップを踏んでいきます。

R(recognize):認識

A(Allow):許可

I(Investigate):調査

N(Nurture):育成

その詳細については、別記事で後日アップします。

HSPの人気関係を楽にする「相手を許すこと」

人間関係における対立や偏見、相手との違いを賢く乗り越えるためには相手を許すことを覚えることです。

許すためにはどうしたらいいのでしょう。