HSPには事務職が向いている?!快適な仕事にする5つの条件




HSPのあなたは、事務職が向いているのかを検討していますか?

繊細さん

私、事務職ならやっていけるかなぁ?

ドクターT

事務職といっても色々あるからねぇ。
仕事の内容や求められる技能も色々だし。

繊細さん

たしかに。

ドクターT

たとえ同じ仕事内容であっても、同僚や上司のように一緒に働く人が変われば、やりやすさが違ってくるでしょ。

繊細さん

そうだね。
どうしたらいいんだろう。

ドクターT

どんな仕事内容か、どんな仕事環境か、どうやったら環境を整えられるかを考えていくといいわ。

逆に、事務職だから、という理由で、向いているか、向いてないかと判断してしまうのは早合点。

繊細さん

そうだね。

ドクターT

仕事の内容と環境を考えて、何が向いているかを検討していきましょう。
さらに、HSPが事務職として働きやすい条件を、以下の5つ、紹介していくね。

①締め切りまでの時間にゆとりがあること
②慣れるまでサポート体制があること
③残業がないこと
④やりがいのある仕事内容であること
⑤同僚が無神経でないこと

ぜひ、参考してね。

HSPは事務職に向いている?!

事務職にもいろんな仕事があります。

ドクターT

仕事の内容や環境が、あなたに合っているかどうかを検討していきましょ。

HSPのあなたに向いている事務職の仕事内容は?

ドクターT

この中に、あなたの得意な仕事内容、不得意な仕事内容はありますか?

  • 電話対応・メール対応・来客対応
  • 書類作成・管理、資料作成、データ入力
  • 部門間調整
  • 伝票処理・整理
  • 郵便物の発送・仕分け
  • 備品の発注・管理
  • その他(業界により内容が異なる)

HSPのあなたに向いている事務職の環境であるか?

ドクターT

どのような仕事の環境であれば、働きやすいですか?

  • 勤務時間は?
  • 仕事量は?
  • 休憩時間は?
  • 休暇はどの程度?
  • 職場の人間関係は?
  • 仕事のスタイルや自由度は?
ドクターT

HSPが働きやすい条件として、心身ともに負荷がかかりすぎず、十分な休息の時間があることなど、仕事を取り巻く環境が大切なポイントとなってきます。

就職前に、できる限りの情報を集めて、よく検討してみましょう。

HSPが事務職として働く快適な5つの環境

HSPにとって、ストレスになりにくい環境を整えていきましょう。

HSPが事務職として快適に働ける環境 その1. 締め切りまでの時間にゆとりがあること

HSPにとって、書類や資料作成など、仕事の締め切りが差し迫っていて、プレッシャーをかけられる事務職は、大きなストレスとなってしまいます。

前もって準備をして、ゆとりを持って終わらせられる環境であると、より働きやすいです。

HSPが事務職として快適に働ける環境 その2. 慣れるまでサポート体制があること

事務職は会社や学校など組織の経営に欠かす事のできない職種。
作業に慣れるまで、ミスなく完璧にこなそうとすることが、HSPにとっては、ストレスになりがちです。

分からないことが聞ける、または相談できるようなサポート体制のある職場であると、より働きやすくなります。

HSPが事務職として快適に働ける環境 その3. 残業がないこと

事務職には、残業がなく、定時で帰れる働き方を選択することができるものが多くあります。
しかし、なかには、度々、急ぎの仕事やトラブルの対応に追われてしまうものもあります。

なるべく残業がなく、しっかり休息の取れることが、HSPにとっては、長く続けられる仕事として重要なポイントになります。

HSPが事務職として快適に働ける環境 その4. やりがいのある仕事内容であること

事務職は、ルーチンワークとなることが少なくありません。

ルーチンワークのメリットとしては、慣れれば慣れるほど、落ち着いて取り組め、作業がスムーズにいくことが挙げられます。
一方、デメリットとして、飽きてしまうこともあるということです。

HSPの性質としては、働く上で、誰かの役に立つことや、クリエイティブな仕事にやりがいを感じます。

ルーチンワーク化しやすい事務職の中でも、やりがいのある仕事内容であることがポイントです。

HSPが事務職として快適に働ける環境 その5. 同僚が無神経でないこと

事務職は、主にデスワークです。

会社で働く場合、隣の席の同僚が、無神経に音を立てたり、匂いのきつい香水をつけていて、そのなかで仕事を続けるというのは、音や匂いに敏感なHSPにとって、大きなストレスとなります。

しかし、誰もがHSPの性質を十分に理解して、対応してくれるとは限りません。
言うまでもなく、たいていは同僚を選ぶこともできません。

その場合は、自己対策が必要です。

耳栓をする、窓を開けて空気を入れ替える、マスクを着用するなど、できる限りのことで対策をするつもりでいることが大切です。

または、自宅で事務職の仕事をする、という選択もあります。
自分にとって快適な環境をつくる、という意味では会社よりも容易に取り組めます。

繊細さん

自宅なら、好きなアロマをたいて仕事することだって、できるわね♪

ドクターT

そうだね。
以上のように、仕事の内容や環境を考慮して、検討してみてね。

【関連記事】




シェアしてね!